Uさんとマラソン参加のお話

神戸のソープを辞めて、バイト求人誌で神戸福原の出稼ぎソープランドを探してた時に見つけたのが今のお店。

バイト求人をしてた神戸福原の出稼ぎソープランドはお給料が良くて、出稼ぎして働きたいって思った。

今日は常連のUさんが来てくれた。

Uさんは28歳のジムのトレーナーさん。

「また来たよ~」

「あれ、前からまだ1週間くらいしか経ってないよ?」

「今日は○○ちゃんに癒されたいと思って」

でもサービスしてる時、めっちゃお願いしてきてUさんにいつもしてた感じとは違ったかな。

Uさんでも悶々とすることあるんやな~ってちょっと可愛いなって思った。

でもUさん真面目だから、からかうのはやめとこ笑。

Uさんはスッキリしてくれたところで、最後はいつものようにおしゃべりタイム。

ジムのことでアドバイスを受けてた。

「○○ちゃんって今どのくらいのタイムで走れるん?」

「今はXX分ちょっとかな」

「へぇ~、一般の同年代の人にしたら速い方やで」

「ほんま?やった~。頑張ろ~」

「○○ちゃんさ、マラソンはしてみぃひんの?」

「え?だってそんなに走ったことないよ?」

「市民マラソンは5kmの部門もあるよ」

「そうなん?私走りきれるん?」

「ジムの5kmも外の5kmも同じ距離やしね」

「そっか~。一回走ってみたいよ~」

「参加できそうなマラソン探しとこうか?」

「ほんま?やった~、お願いします」

そっかぁ、外で走れるんや。

なんかどんどん健康的になってきて、ソープ嬢の生活とは思われへんけど、でも走ってみたいよ。

今日はUさんに良いこと聞けたお話でした。