Rさんのお店に再度アクセサリを買いに行ったときのお話

前のお店を辞めてから、バイト求人の条件の良い神戸福原の出稼ぎソープランドをずっと探してた。

バイト求人誌の神戸福原の出稼ぎソープランドを見つけて、すぐに電話をして今のお店で働かせてもらえることになった。

今日はまたRさんが来てくれた。

前回、アクセサリが入荷することを教えてもらって、友達と3人でお店に行ってん。

めっちゃ楽しかった~。

Rさんとはそのとき以来のご指名。

そのときの話もしたいけど、まずはRさんにサービスタイム。

でもRさんは浴室は洗うだけで今日はベッドタイムだけでいいって言われた。

「今日はお礼に来ただけやから、あの時の話いっぱいしよ」だって。嬉しいなぁ。

今日はそのときの話。

私は前回バンクルやったから、今回はネックレスにしようと思ってた。

最近入荷したのは軽めのゴールドのブランコネックレス。

シンプルなゴールドのバーが付いてて、さりげない感じで気に入ってん。

「いいなぁ。○○ちゃんて首が細いからめっちゃ似合うねん」

Uが褒めてくれてちょっとごきげんやった。

Uは前回ネックレスで今回はブレスレット。

ゴールドはいっぱい持ってるから今回はシルバーがいいって言っておすすめをRさんに聞いてた。

「これはチャームがグリーンやけど、シルバーとグリーンは結構珍しいかも。落ち着いた感じでしょ?」

そう勧められて付けてみると、確かに新鮮な色使い。

「うん可愛い。あたしこれにする」

Uも結構即決できるタイプ。

問題はI笑。

この子は優柔不断なんだな~。

Iはシルバーのネックレスを買ったから今回はゴールドのネックレス。

私とは少し違う、飾り多めのドレスに似合いそうなものを探してた。

Rさんがお勧めしてくれたのは、胸元が少し派手目のフェイク真珠がいっぱい付いてる感じのネックレス。

確かにドレスならこれくらい派手目じゃないとね。

「どう?似合うかな~?」Iは不安そう。

「うん、いいよこれ、似合ってる」

「Iは童顔やから、アクセサリを派手目にした方が映えるよ。これにしとき」

2人で背中をいっぱい押してあげるとようやく決断してくれた。

「ほんまいつも友達3人で来てくれてありがとな~。○○ちゃんには頭下がらんわ」

「でもそんなに高くないのばっかりやもん。Rさんのお小遣いの方が心配や」

「それは大丈夫。お店の歩合制やから俺。お店が儲かってるからここにも沢山これてるんやで」

すごいな~。

私も早くお店を持ちたい。

ソープ頑張って早くお金貯めよ。