Oさんとアクセサリのお店で選んだ時の話

田舎のソープから、バイト求人誌で神戸福原の出稼ぎソープランドを見つけて働き始めたのが今のお店。

神戸福原の出稼ぎソープランドはバイト求人のお給料の条件が良くて、今のお店に出稼ぎしてみたいって決めた。

今日は常連のOさんが来てくれた。

Oさんはアクセサリショップのオーナーさん。

Oさんとはこの前、アクセサリの見本を見せてもらってめっちゃ欲しくなって、結局その場で付けさせてもらってた。

で、「後で友達と一緒にお店に来てくれる時に決めてくれたらいいよ」って言ってもらえてこの前お店に行ってきてん。

Oさんはそれから初めて来てくれた。

アクセサリのお礼もしたかったけど、まずはサービス。

Oさんのお気に入りはマットプレイよりはベッドプレイ。

浴室で体をゴシゴシ洗ってスッキリしてもらったら、ベッドに移動。

ベッドでも濃厚サービスをして、Oさんも気持ち良さそうな顔してくれてたからこれで心置きなくアクセサリの話が出来る~って思って、この前、友達と帰るときの話をした。

「あのあとめっちゃ盛り上がって、結局私の家に行って、みんなで見せ合いっこしててん」

「友達も楽しそうやったよね。それも嬉しかった」

「うんあの子らめっちゃハイになってたよ。今度1人で行く~って言ってた」

「お~良いお客さんや~」

「私も1人でいくよ~」

「はは。ほんまありがとう~」

「結局もう1つ買ったけど、やっぱりどっちも可愛いから今でもつけていくのに迷うくらい」

「そっか。じゃぁ最初のもあの時つけたままにしておいて正解やったんやね」

「うん、やっぱりあのチャームの可愛さを逆転するブレスレットは無かったよ~」

「そっか。ほんま嬉しいわ。また友達と一緒に来て」

Oさんには感謝しないとね。

今日はブレスレットの話が出来て幸せな1日でした。