Iさんの小物雑貨のお店に行ったその後のお話

地元のソープを辞めて、バイト求人誌で神戸福原の出稼ぎソープランドを探してた時に見つけたのが今のお店。

神戸福原の出稼ぎソープランドはバイト求人の条件もお給料の良くて、面接して働きやすそうだった今のお店に決めた。

今日は常連のIさんが来てくれた。

Iさんは小物雑貨のお店をしてるオーナーさん。

前来てくれた時にお店を教えてもらって、友達と一緒に行ってみてん。

もう大満足!

友達と3人であのあと喫茶店で並べてみてめっちゃ盛り上がってた笑。

でIさんはその後今日来てくれてって感じ。

まずはお話の前に、サービスをいっぱいしてあげて、最後のベッドのサービスまで全部終わったら、ベッドで寝そべりながらおしゃべりタイム。

「あの後、飾ってみた?」

「うん飾ったよ~。写メ撮ってきた」

「お~、可愛いやん。これはなんの家具?」

「これはね、化粧台。今まで化粧台だけなんにも置いてなくて寂しかってん。これ置いたら他の場所より一番派手になった笑」

「いいね~。こういう風に可愛く飾ってもらってるのを見ると、小物売ってて嬉しくなるね」

「友達もね、写メ送ってきたよ、2人はこれまでの置物の場所に一緒に置いてるみたい」

「おー、これも可愛いね。2人にも可愛く飾ってくれてありがとうって言っといて」

「うん、伝えとく~」

「あの後3人で喫茶店でさっそくテーブルに出して眺めててん。変な客やと思われたかも」

「いきなりおままごとっぽいこと始めたであの3人・・とかヒソヒソ話されてたかもな笑」

「もうでもあの時の3人にそんな視線は通用せえへん」

「ははは。とにかく喜んでもらえて良かった。またぜひ来てな」

ほんまIさんのお店ってすごい。

私もあんな風に女の子に喜んでもらえるお店を持ちたいな