関東から遠いようで近い神戸福原のソープランド

関東から神戸は、距離的には割と遠隔地になります。でも新幹線を利用したら、移動はわずか3時間ほどです。

私鉄やJRも利用するにしても、関東からは片道で2万円もかけずに、たどり着くことができます。

遠いようで、短時間でたどり着ける時代になってから、もう数十年が経過しています。

だから関東の人が関西で遊ぶことも、普通の人であれば、それほど苦労もなくできることです。

神戸というと阪神淡路大震災の印象が強く残っていましたが、今はもう震災の跡はほとんど見られなくなっているそうです。

人間が大怪我から立ち直るのと同様に、神戸も立ち直ったんだと考えると、自分は全く立ち直ってないことに気づきました。

そういえば神戸福原は有名なソープランド街があって、バイト求人も見かけたことがあるのを思い出しました。

田舎から出稼ぎに来ている女性も多いだろうとの考えがよぎりつつ、手元の煎餅をかじる僕。

世の中にはいろんな職業があって、それぞれの職業は多少の違いはあっても、誰かの役に立っていることには変わりなしです。

そんなことを思いつつ、神戸福原のソープランドのバイト求人を調べると、やはりそれなりに給与額は良いのです。

出稼ぎにしては上出来な仕事だなと思って、突然に妙な発想が頭に浮かびました。

自分がもし女だったら、ソープ嬢になってる可能性はあっただろうと。

今の仕事は給与が少なく、不健康の自分には精一杯としても、モチベーションが全く上がってきません。

ああ女だったらよかったのにと思いながら、煎餅をかじっています。