常連のRさんに教えてもらったラーメン店のお話

関西のお店を辞めてネットのバイト求人で東京吉原の出稼ぎソープランドを探してた時に今のお店に出会ってん。

東京吉原の出稼ぎソープランドはバイト求人の条件が良くて、今のお店もそれで決めた。

今日は常連さんのRさんが来てくれた。

Rさんは34歳の独身の人。

転勤で関西から来てる人で、関西人の私を見て好感を持ってくれてん。

それからはずっと指名してくれてる。

「○○ちゃん久しぶり~」

「Rさんまた指名ありがと~」

Rさんは浴室はそこそこでベッドのプレイを充実したい人。

やから、マットは時間がかかるからいいやって言ってて、身体を洗って、椅子でゴシゴシするだけで満足なんだって。

ベッドで始める前に少し飲み物飲みながらおしゃべり。

「この前な、関西のラーメン店が東京に出店したって聞いて行ってきてん。めっちゃ美味かった」

「あ、もしかして○○?」

「そうそう」

「あ~、あそこもう出来たんや。この前、横通ったら6月オープンって書いてた」

「俺が行ったのもつい最近やから。味は全然変わらんわ」

「あ~めっちゃ食べたい。やっぱり東京のお店より関西のお店の方が安心するもん」

「せやんなぁ。転勤でも出稼ぎでも、恋しいのは変わらんし。」

「今度友達連れていってあげよ~。東京の友達やけど、絶対気に入ってくれるよね?」

「そりゃ、やっぱりこっちの人に喜んでもらわんとね」

「めっちゃ楽しみ~」

そんな感じでラーメン話が終わってから、サービス。

こんなごちゃまぜでも満足してもらえるのがRさん。

良いお客さんやわ~。

しかし今もラーメンが食べたくなってる睡眠前でした。