大和撫子の優しさが花魁の気質に似ている

江戸時代は東京は江戸と呼ばれて、世界有数の人口過密都市として知られていました。

東京すなわち当時の江戸は、外国人の目から見て整然とした美麗な都市だったようです。

その中でも花魁は気高い風格を兼ね備えた日本の美として、賞賛されていました。

そんな時代に、東京吉原の街は一体どんなふうだったのでしょうか。

もともとこの東京吉原は、静岡県の吉原から町がそのまま移動してきたことでも知られていますし、きっと日本各地の女性が出稼ぎに上京してきたのでしょうか。

そう考えるとロマンがあると思います。

現代でも数多くのソープランドではバイト求人がおこなわれており、色街としての伝統を今に残している町です。

もとより東京の由来は、東の京都からとったので京都に引けをとらないくらいの美人どころが集まってきたに違いないかもしれません。

東京吉原はそんなふうに出稼ぎにきた女性たちが夢を見ていた土地柄なのでしょうか。

花魁たちは親しくなった男性に箸を送るといいますが、そんなふうに心から尽くしてくれる男性との出会いに満ち満ちている場所かもしれません。

ソープランドは日本各地にありますが、その中でも江戸時代からの色を残すここではバイト求人が毎日のようにおこなわれており、たくさんの女性を色街の世界へと誘っています。

チャンスは気高い風格を持ち合わせている大和撫子たちに向けられており、少しでも自分の誠意で人をもてなしたいと希望をする優しさがあるのなら、花魁の伝統を引き継げる資格があるのだと思います。