今日はUさんのトレーナーの話

市内のソープを辞めて、バイト求人誌で神戸福原の出稼ぎソープランドでお金を貯められそうなソープを探してた。

神戸福原の出稼ぎソープランドのバイト求人はお給料が良いお店が多くて、出稼ぎしてお金を貯めたいって思ったの。

今日は常連のUさんが来てくれた。

Uさんは28歳でジムのインストラクターをしてるそう。

最初はいろんな子をお願いしてたみたいだけど、私と会ってからは指名してるよ~って言ってくれる。

こういう常連さんにはほんま感謝。

Uさんのいつものお気に入りパターンは浴室でのマットプレイとベッドでのイチャイチャタイム。

マットプレイは激しくないマッサージみたいなのが気持ちいいみたい。

常連さんになってから、エロいサービスは少し気を遣ってくれてるのかも。

今日も前半はそんな感じのサービスでスッキリしてもらって、あとはベッドでいちゃいちゃしながらおしゃべりしてた。

「Uさんてマラソン走ったことあるんやんね?」

「うん、元々実業団で駅伝してた」

「めっちゃすごーい。それがお仕事やったんでしょ?」

「まぁね。でも実業団が解散してしまって、今のジムを紹介してもらった感じ」

「そっかぁ。マラソンでお金もらうんは大変なんやね」

「でも今もジムでみんなを教えるのはすごく楽しいよ。こんなにやりがいがあるとは思ってなかった」

「自分が走るよりも?」

「まぁそれはさすがに一番やけど、実業団で走る子を教えるより、一般の人にジョギングを楽しんでもらえるようになった時の充実感の方が大きいかもな」

「そっかぁ。私も自分があんなにジョギングにハマるとは思ってなかったもん。Uさんのおかげやで」

「○○ちゃんは元々好きやったしね。少し楽しみ方を教えたくらい。あとは○○ちゃんが楽しみ方を見つけたんやで」

Rさんはほんま教える人たちのやる気を出してくれる人。

私もジョギング頑張ろ。